FXのスプレッドは手数料です

FXの業者の宣伝で手数料無料を謳っている場合がよく有ります。それでFXの業者は手数料無しでいったいどうやって儲けているのかと不思議になってしまいます。顧客の負けが業者の、儲けになっているのかと変に勘ぐりたくなってきます。実は手数料は無料なのは確かだけど、買いと売りの値に差が有って、同じタイミングで売り買いをすると損をする仕組みになっています。この買いと売りの差がスプレッドといってどの業者にもスプレッドが有ります。このスプレッドは何かと言えば、実は手数料です。つまり手数料無料と言っておいて、実際は手数料を取っています。それでスプレッドは業者によって色々違います。当然スプレッドは売りと買いの差ですから狭い方がトレード的には有利です。ただこのスプレッドはすべて業者の収入になるわけではなく、業者と為替の取引をしているインターバンクにも払っています。その仕組みですが、顧客からの売買の注文を受けた業者は、取引をしているインターバンクに注文を流します。この時インターバンクもレートを提示する時売りと買いに差を付けて提示します。このインターバンクのスプレッドの差がインターバンクの手数料となります。つまり顧客は業者を通じてインターバンクにも手数料を払っているということです。インターバンクも無料で為替の取引に応じるわけも無く、手数料としてスプレッド分は払う必要が有ります。そしてスワップにもスプレッドが有ります。スワップも払う方が貰う方よりも金額が大きく、その差額がスプレッドです。スワップも業者によってかなり差が有ります。インターバンク自体は市場金利だからさほど差が無いけど、業者はスワップでも稼ごうとスワップを中抜きしているから、スワップの差が業者ごとに出てきています。それで異なる業者同士でスワップ目当ての両建て取引をする人も出てくるくらいです。利用者的にはスプレッドは無い方がいいけど、手数料だから払う必要が有って、残念ながら無くなることは無いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>