作成者別アーカイブ: ogasawara

スワップと為替差益を狙えるFXスイングトレード

FXの中で初心者でも勝ちやすいのはスイングトレード

fx4

FXには短期売買やデイトレ、スイングトレードや長期売買などがあり、初心者でも勝ちやすいのがスイングトレードです。
短期売買やスキャルピングの場合、ポジションを持って1~2時間で決済します。
また、デイトレはその日のうちに、スイングトレードは1週間~3ヶ月、長期売買は半年や1年ほどポジションを持つスタイルとなります。
もちろん、トレーダーによって保有期間はマチマチですが、スイングトレードなら週足や日足、4時間足でエントリーポイントを見つけるので、昼間チャートを見られないサラリーマンにも向いています

スイングトレードのポジションの持ち方

fx6

まず、スイングトレードのポジションの持ち方なんですが、基本デイトレや短期売買と同じ手法を使えると思います。
私はトレンドラインとボリンジャーバンドを使い、ブレイクした方にポジションを持ちます。
また、スイングトレードは波に乗る取引なのでボックス相場でポジションを持つと失敗する確率が高いようです。
例えば、下落が一服して揉み合っていると底値じゃないかと判断してしまいがちですが、再度、下落する可能性だってあります。
ですから、ボックス相場に平行ラインを引いてどちらかにブレイクした方にポジションを持った方が安全です。

スイングトレードの通貨ペアについて

fx5

ちなみにスイングトレードに向いている通貨ペアとそうではない通貨ペアがあります。
まず、スイングトレードに向いているのが豪ドル円やNZドル円です。
オセアニア通貨はアメリカやヨーロッパと比べてサプライズが少ない、経済が安定している、要人発言が少ないので素直にテクニカル通りに動きやすい特徴があります。
スワップ金利も高いのでスイングトレードでスワップを貯めながら為替差益を狙える美味しい通貨ペアではないでしょうか。
また、南アフリカランド円もスイングトレードに向いています
南アフリカランド円は一日の値動きが少ないため、あまり短期売買やデイトレで取引しているトレーダーは少ないかと思います。
ですから、スイングトレードは通貨ペアを選んで運用する事も大切です。

高レバなら法人と海外の業者とどちらを選ぶか

FXは金融庁の規制でレバレッジは25倍までとなっています。しかしこれはあくまでも個人での話でして、法人なら規制が有りませんから高いレバレッジでトレードが出来ます。しかし法人でないと法人口座を開設して高レバレッジでトレードをすることが出来ません。それでどうすればいいかと言えばペーパーカンパニーを始めればいいです。要するに書類だけの会社です。事業内容も本来なら適当でいいですけど、事業をしていないと税務申告で税務署から怪しまれるので、資産管理会社として会社を設立します。それで事業として株式投資やFX,不動産投資などを会社でやります。FXの高レバ目当てで会社を設立するのですが、法人のメリットとして節税効果が有ります。まず色んなものが経費として認めてもらえるようになります。個人だとFXに関する物だけしか認めてもらえませんが、法人なら会社運営に使ったとして、幅広く経費として認めてもらえます。さらに法人にすればFXの所得を給与所得にして控除を受けられるように出来ます。その上株の利益や損失も損益通算できるようになるし、9年間の繰り越し控除も出来るようになります。だから法人になれば節税出来て大変便利です。ただ法人は設立費用がかかるし、維持費もペーパーカンパニーだとしても法人税の均等割の負担も有ります。税務処理も税理士に頼まないと出来ないくらい複雑になるから、面倒なことが嫌な人は海外のFXの業者を使うことです。海外の業者でしたら国内の規制は全く関係ないから、レバレッジも最大500倍と国内とは比べものにならないくらい高いです。そして海外の業者は追証が有りませんから、追証の心配はしなくて済みます。ただし証拠金が不足したら強制ロスカットになります。しかし海外の業者の中には怪しい所も有りますから、海外の業者を選んでトレードをするならば、本当にこの業者は大丈夫か確認することです。それでも不安ならあきらめて法人でやることです。

FX初心者におすすめのGMOクリック証券

長期国債の金利や銀行の定期預金の金利が近年低水準となっていることも大きく影響し、より効率的な資産運用を図るために株式の売買やFXといった資産運用を開始する人が飛躍的に増えています。

国債や預金によって得られる金利は雀の涙ほどしかないという一方で、老後の生活資金需要の高まりや社会保険料や税金の値上がりなどの影響による当座の生活資金需要の高まりなどから、多少のリスクを負ってでも効果的な資産運用を行いたいと考える人が増えているのです。

比較的リターンが大きい資産運用の手段として人気が高いのが株式の売買やFXとなりますが、比較的安全性が高く初心者でも始めやすいとされているのがFXになります。

有価証券売買による資産運用は多様な専門知識を習得しなければならないほか、常に市場の動向に気を使っていなければなりませんし、株価が暴落するリスクについても考慮しなければなりません。

一方でFXの場合は株式のように価値が急暴落することは殆ど考えられませんし、基本的には通貨の売買取引となるので有価証券売買ほど難解な専門用語を習得する必要もないのです。

初心者がFXを開始する場合に最も注意しなければならないのが、取引を行なう業者選びとなります。

FX取引には原則として手数料が発生するため、もしも手数料について考慮せずに口座を開設した場合、FXで勝ったのに支払い手数料のために収支がマイナスとなってしまった、ということも起こりえるのです。

初心者におすすめとなるFX口座の代表的なものの一つがGMOクリック証券のFXネオとなります。

GMOクリック証券のFXネオは取引回数にかかわらず手数料が無料という特徴がありますし、スプレッドも固定制で業界最安水準となっているのです。

またGMOクリック証券のFXネオは初心者が安心してFX取引ができるように、デモ取引が行えるようになっています。

いきなり取引を開始するのではなく、デモ取引で知識と経験を積んでから実戦に望めるので、負けるリスクを減らすことができるのです。

FXのスプレッドは手数料です

FXの業者の宣伝で手数料無料を謳っている場合がよく有ります。それでFXの業者は手数料無しでいったいどうやって儲けているのかと不思議になってしまいます。顧客の負けが業者の、儲けになっているのかと変に勘ぐりたくなってきます。実は手数料は無料なのは確かだけど、買いと売りの値に差が有って、同じタイミングで売り買いをすると損をする仕組みになっています。この買いと売りの差がスプレッドといってどの業者にもスプレッドが有ります。このスプレッドは何かと言えば、実は手数料です。つまり手数料無料と言っておいて、実際は手数料を取っています。それでスプレッドは業者によって色々違います。当然スプレッドは売りと買いの差ですから狭い方がトレード的には有利です。ただこのスプレッドはすべて業者の収入になるわけではなく、業者と為替の取引をしているインターバンクにも払っています。その仕組みですが、顧客からの売買の注文を受けた業者は、取引をしているインターバンクに注文を流します。この時インターバンクもレートを提示する時売りと買いに差を付けて提示します。このインターバンクのスプレッドの差がインターバンクの手数料となります。つまり顧客は業者を通じてインターバンクにも手数料を払っているということです。インターバンクも無料で為替の取引に応じるわけも無く、手数料としてスプレッド分は払う必要が有ります。そしてスワップにもスプレッドが有ります。スワップも払う方が貰う方よりも金額が大きく、その差額がスプレッドです。スワップも業者によってかなり差が有ります。インターバンク自体は市場金利だからさほど差が無いけど、業者はスワップでも稼ごうとスワップを中抜きしているから、スワップの差が業者ごとに出てきています。それで異なる業者同士でスワップ目当ての両建て取引をする人も出てくるくらいです。利用者的にはスプレッドは無い方がいいけど、手数料だから払う必要が有って、残念ながら無くなることは無いでしょう。

倒産した時の為に備えるFXの分別

FXの会社は、稀に倒産をする事があります。現に最近も、ある会社がちょっと倒産していました。
ヨーロッパでショッキングな報道が発表された事により、外貨の値動きが大きくなったからです。それで多くの顧客に対する資産が減ってしまい、その会社の経営に影響を及ぼしたのですね。
つまり会社が倒産するのは、大いにあり得るのですね。
ではそのような時にはどうなるかというと、FXの会社次第です。その会社が、資産を区分けしているか否かが大きなポイントになります。

例えばある会社の場合は、自社の会社を経営するための資金と、顧客から預かっているお金を区分けしています。
自社の経営資金は銀行Aに入金しておいて、顧客から預かっているお金は銀行Bなどに入金しておく訳ですね。

それで例えば上記の会社のように、ちょっと倒産してしまったとします。その際にA社に入金されている金額は、やはり減ってしまう事でしょう。
しかしB社に預けているお金は、減らない訳です。このようなAとBの区分けは、いわゆる信託保全と表現される事もありますね。
ですので会社が資産を分別してくれていれば、たとえ倒産をした時でもお金が戻ってくる事になります。現段階では、ほとんどの会社は資産を区分けしている状況ではあります。日本国内の会社は、ほぼ全てが区分けしていますね。

ちょっと注意を要するのは、海外の会社です。
日本の会社の場合は資産の分別が義務づけられているので、AとBのように分けられているのです。
ところが海外の会社に対しては、日本のルールを適用する事ができません。ですので国によっては、AとBのように区分けされていない事もたまに有るそうです。
ですので海外の会社を選ぶような時には、資産の分別などはしっかり確認をしておく方が無難でしょう。
もっとも海外の会社でも、区分けされていない所は極めて少ない状況ではありますね。ただ中には区分けをしていない所もあるそうなので、事前の情報収集などは必要だと思います。

FXの利益率向上の為に自分の過去の記録を見る

FXでの利益率を高めるためには、自分の過去の売買などを振り返る事も必要だと考えられます。特に中級者以上の方々などは、やはりそれは必要だと思いますね。

中級者以上ともなりますと、やはり多数の回数の売買を行っているはずです。そしてその売買の記録などは、FXの会社の会員サイトにて確認をする事ができるのです。それは必ず目を通しておく方が良いと思いますね。

そもそも私達は記憶というのは、ちょっと曖昧な一面があります。買った時の記憶は強烈に残っているのですが、負けた時の記憶は案外と忘れているものです。それで自分が勝っていると思い込んでしまっているので、なかなか売買の成績が伸びない事があるのですが。

私たちの成績を伸ばす為には、やはり自分の弱点を強化する事が必要だと思います。つまり負けた時の売買手法などを見直すことが、必要になるのですね。それをどうやって見直すことができるかと言われれば、やはり前述の記録でしょう。自分の頭の記憶に頼るのではなく、やはり客観的な数字を見てみる方が良いと思いますね。

確かに自分の売買記録などを見るのは、ちょっと勇気は要ります。自分の過去の悪い癖を見なければならないので、ちょっと最初は抵抗感を覚える事もあるでしょう。

しかし自分の売買の成績を伸ばす為には、やはりそれは必要だと思います。自分が変わらなければ売買の成績は伸びないものなので、ちょっと勇気を出して見ることは必要だと思いますね。

FXの会社によっては、その履歴を見るためのツールがかなり充実している事もあります。ある大手の会社の場合は、独自の方法で過去の記録を見る事ができるのですが、それはグラフなどが用いられていてかなり分かりやすいですね。ですのであの会社などは、中級者以上向けだと思うのですが。

何はともあれ、まずは自分の過去を振り返る事が大切です。それを実際に行ってみるだけでも、かなり今後の自分の成績は違ってくるのではないでしょうか。何回か繰り返していれば、かなり伸びると思います。

 

 

FXの初心者は為替相場の現状の把握が大切です

これからFXをはじめようという方が最初に考えないといけないのが、為替相場が今後どのようになっていくかということ、現在の為替相場は歴史から見るとどのような感じなのだろうかという事を把握することでしょう。

今後も円高が進んでいくのか、または反転して円安に進んでいくのかを自分なりに調べましょう。

日本の政策、アベノミクスの成功か失敗などを予想したり、ロシアの問題や、欧州の経済情勢、アメリカの景気や経済政策などを一通り勉強し、少なくとも、当面1年間はこのような方向に進みそうだなと未来予想図を持ちたいものです。

何も手がかりがないままに為替投資であるFXを始めても成功はおぼつかないでしょう。

もちろん円ドル相場で言えば、円が下がるか、円が上がるか、どちらしかないわけでフィフティフィフティ、当たるかもしれませんが、もし当たって設けたとしてもそれはビギナーズラックにすぎません。

いずれ痛い目を見ることになりますし、長期的に儲かるとは思えないからです。

現状は長い間続いた円高傾向が、急転して、円安傾向が一気に進んでいます。

数年前まで1ドル70円台だったのに、今では1ドル120円近くまで急伸しました。

さて、このまま円が安くなっていくのか、それとも円が安くなったと言ってもこのあたりが限界で下がり始めるのかは、誰にもわかりません。

しかし、各国の情勢や経済政策などを見ながら、だから今円安になっているんだと、自分なりの回答を出せれば、今後も試行錯誤をしながら、正解を出す確率が上がるようになるかもしれません。

FXではレバレッジの倍率をあげることで、大きく儲けることができます。

逆に言うと損するリスクも同じだけ高くなります。

先ほど言いましたように、ある程度、自分なりの、円高、円安という傾向が見えて、そして経済政策がこうなった、またはこういう政治情勢になったから、ここで勝負できる、というような、勝ち筋が見えてくるまではレバレッジ1倍で、勉強をするのが賢明です。

FXトレードは簡単にできるので非常に人気がある

FXトレードは多くの方に人気のある金融商品となっており、多くの方が利用しているものになります。
中長期的な資産運用に使うこともでき、スワップポイントを狙ったら外貨預金などもできます。
しかも、FXを利用した外貨預金はレバレッジをかけることができるので、銀行などでの外貨預金に比べて利率が良いのが特徴となっています。
外貨預金するのにオススメの通貨としてはオーストラリアドルやニュージーランドドルがオススメです。
こちらの国は先進国でありながら政策金利が高いとして有名となっています。
そのため、安心して投資することができる国になっており人気があるものとなっています。
こういったFXトレードは基本的に無料ですることができますし、少額の資金から投資をすることができるので幅広い層の方に人気がある金融商品となっています。
口座開設なども無料ですることができるので、FXトレードは簡単に始めることができるのが大きなメリットとなっています。
しかも、複数の会社を利用することができ、使いやすい会社や機能性に優れた会社を探し出すまで口座開設を続けることができるものとなっています。
条件に合わせてトレードする会社を使い分けるのも利益をより重ねるのに重要になってきます。
基本的には短期トレード用の口座と長期トレード用の口座は分けておくのが効率的となっています。
短期的なトレードに有利な会社はスワップポイントが平凡なことが多いため、長期トレード用にスワップポイントが高い会社を選んでおくのがオススメとなっています。
こういった会社の探し方としては、インターネット上で検索するのが手っ取り早いです。
ランキングサイトを見るのも良いですし、解説サイトなど、FX関連の紹介サイトは非常に充実しているので、そういったところをチェックしてから口座開設の申し込みをすると良いです。
そして、トレードする場合には少しでも勝率を高めるために、テクニカル分析というものを駆使するのがオススメになっています。

FXで資産を増やすこと

資産の活用法としては多数の金融商品に投資をする方法がありますが、FXについてもその選択肢の一つとして挙げることができます。FXへ全部の資産を投入するのは避けることが無難ですが、一部の資産でリスクをとってこれに投資をすることは有効になります。リスクがあることはリターンがあることに繋がります。FX投資の他に一般的に知られているのが株式投資になりますが、24時間できて祭日等でもトレードができるFXには大きな魅力のある投資先の一つになります。
余裕のある資金であれば、株式やFXへ投資をすることは有効な選択になります。幸運なことに今現在では株式相場は順調に推移していて、為替相場は円安の状態が続いています。こうした相場が荒れるときは為替も株も急変するため、今は投資をするには比較的いいタイミングといえます。
FX投資ではもちろんのことですが、損切りを徹底して行なうことが大切なポイントになります。誰でも損失を確定することは気分はよくありませんが、少ない損失であれば次回以降に利益を稼いで回復することができます。こうした時にはあまりあせる必要はなく、損失が続くときは時間をとって休むことも重要です。だた見ているだけでも相場はためになることは多くあります。FX投資については24時間トレードができるので、自分がトレードしやすい時間帯を選んでエントリーをするのがよいです。
今現在ではスマートフォンからのFXトレードもストレスを感じることなく、スムーズにできるようになっていて便利です。パソコンの前でトレードをする以外にスマートフォン等でFXができるのは以前ではできなかった為、一般の投資家にとってみるとトレードの環境はかなり良くなってきていると言えます。
また分析のためのツール類は数多く利用することができ、チャートを見ることや一目均衡表、その他色々あるため活用をしてみることです。組み合わせて分析することで、予測の精度が上がってきます。

まずはデモトレードから始めてみましょう

FXをするようになってからの悩みがあります。集中して画面と向かい合っていると、運動不足になります。今はスマートフォンでも売買が出来る時代だから、歩きながらでもやろうと思えば出来ないことはないですが、気が散ってしまいます。やはりトレードというのは静かな環境で、1人真剣にパソコンの画面を見ながら行うものです。そう思っているので、いつもそうしています。動かなくて体がじっとしている間も脳はアスリートみたいにフル回転しています。戦略を考えています。つまり、エネルギーを使っているのでお腹が空きます。脳が欲しがるのは糖分です。あと、喉も渇きます。株式市場ではお昼になる前に休憩が入ります。だけど、FXは24時間取引できるから、休日を省いては休憩なんてものはありません。そこは、自分で加減をして作らないといけません。熱しやすく冷めやすいタイプというのがありますが、私は熱しやすく冷めにくいタイプです。一度やりはじめると、トレードをやるやらないは別で、誰かが引き止めるまでは延々と画面との会話が続きます。基本的に息抜きはお風呂や寝る時間ですが、息抜きになっていないと感じます。お風呂でも相場が気になり、携帯を持って入るほどです。入浴中でもチェックを行ってしまいます。そのおかげで何度か携帯が故障して、機種変更したり、携帯会社のお世話になっています。ポジションを持っていた場合、相場がどう動くかということにひやひや、携帯を落とさないかということにひやひやで、息抜きと思っている時間が意味をなしていません。FXトレーダーは大変だって言われます。私がFXを始めてから大変なことが多いので、わかる!って思います。体にも変化があらわれました。息抜きが上手ではない私も一応午後3時はおやつの時間にしています。食べながら相場を直視しています。もうそれを何年もやっていて、おやつはだいたいドーナツですから、ぶくぶく太り始めました。まだ20代なのに二重あごです。おばさんトレーダーになってしまいました。ドーナツがトレードで頭を生き生きさせるための大事な食料です。そして、ドーナツはミスドです。集中力を維持しようと家族に頼んで買いに行ってもらっています。もう美味しいから食べるというより一種の習慣です。トレードをやるようになって思ったことは、FXって資金管理以外でも大変な事がたくさん隠れています。悩み始めると、きりがなく正解のない世界だなって思います。