月別アーカイブ: 2015年6月

FX初心者におすすめのGMOクリック証券

長期国債の金利や銀行の定期預金の金利が近年低水準となっていることも大きく影響し、より効率的な資産運用を図るために株式の売買やFXといった資産運用を開始する人が飛躍的に増えています。

国債や預金によって得られる金利は雀の涙ほどしかないという一方で、老後の生活資金需要の高まりや社会保険料や税金の値上がりなどの影響による当座の生活資金需要の高まりなどから、多少のリスクを負ってでも効果的な資産運用を行いたいと考える人が増えているのです。

比較的リターンが大きい資産運用の手段として人気が高いのが株式の売買やFXとなりますが、比較的安全性が高く初心者でも始めやすいとされているのがFXになります。

有価証券売買による資産運用は多様な専門知識を習得しなければならないほか、常に市場の動向に気を使っていなければなりませんし、株価が暴落するリスクについても考慮しなければなりません。

一方でFXの場合は株式のように価値が急暴落することは殆ど考えられませんし、基本的には通貨の売買取引となるので有価証券売買ほど難解な専門用語を習得する必要もないのです。

初心者がFXを開始する場合に最も注意しなければならないのが、取引を行なう業者選びとなります。

FX取引には原則として手数料が発生するため、もしも手数料について考慮せずに口座を開設した場合、FXで勝ったのに支払い手数料のために収支がマイナスとなってしまった、ということも起こりえるのです。

初心者におすすめとなるFX口座の代表的なものの一つがGMOクリック証券のFXネオとなります。

GMOクリック証券のFXネオは取引回数にかかわらず手数料が無料という特徴がありますし、スプレッドも固定制で業界最安水準となっているのです。

またGMOクリック証券のFXネオは初心者が安心してFX取引ができるように、デモ取引が行えるようになっています。

いきなり取引を開始するのではなく、デモ取引で知識と経験を積んでから実戦に望めるので、負けるリスクを減らすことができるのです。

FXのスプレッドは手数料です

FXの業者の宣伝で手数料無料を謳っている場合がよく有ります。それでFXの業者は手数料無しでいったいどうやって儲けているのかと不思議になってしまいます。顧客の負けが業者の、儲けになっているのかと変に勘ぐりたくなってきます。実は手数料は無料なのは確かだけど、買いと売りの値に差が有って、同じタイミングで売り買いをすると損をする仕組みになっています。この買いと売りの差がスプレッドといってどの業者にもスプレッドが有ります。このスプレッドは何かと言えば、実は手数料です。つまり手数料無料と言っておいて、実際は手数料を取っています。それでスプレッドは業者によって色々違います。当然スプレッドは売りと買いの差ですから狭い方がトレード的には有利です。ただこのスプレッドはすべて業者の収入になるわけではなく、業者と為替の取引をしているインターバンクにも払っています。その仕組みですが、顧客からの売買の注文を受けた業者は、取引をしているインターバンクに注文を流します。この時インターバンクもレートを提示する時売りと買いに差を付けて提示します。このインターバンクのスプレッドの差がインターバンクの手数料となります。つまり顧客は業者を通じてインターバンクにも手数料を払っているということです。インターバンクも無料で為替の取引に応じるわけも無く、手数料としてスプレッド分は払う必要が有ります。そしてスワップにもスプレッドが有ります。スワップも払う方が貰う方よりも金額が大きく、その差額がスプレッドです。スワップも業者によってかなり差が有ります。インターバンク自体は市場金利だからさほど差が無いけど、業者はスワップでも稼ごうとスワップを中抜きしているから、スワップの差が業者ごとに出てきています。それで異なる業者同士でスワップ目当ての両建て取引をする人も出てくるくらいです。利用者的にはスプレッドは無い方がいいけど、手数料だから払う必要が有って、残念ながら無くなることは無いでしょう。